プレカット工場での話(ログ材の加工)

何も投稿しないのもあれなので、1年ほど前にプレカット工場で話を聞いたことを書いておきます。

当時は、ログハウスの建築について考えており、ログ材をどうにかできないかということを考えていました。キットを購入する予算がなかったので、原木から、国内の製材所でログ材を加工できないだろうかと考えたのです。近くにプレカット工場があったので、実際に話だけでも聞きに行ったというわけです。

 

以下体験談

このサイトを見てプレカット工場の存在を知る。 → 安さに驚く。 → ログ材の加工もできないのだろうかと考える。 → 実際に聞きに行く。

プレカット工場ははじめてで、とにかく、実際に聞いてみるのが一番だと感じる。とにかく様々なことを教えてくれる。懇切丁寧に色々とアドバイスしてくれる。しゃべるだけなら何時間でも付き合ってくれそうな感じでした。調べてばかりいると、なかなか足を踏み出しにくいが、絶対に実際に行ってみた方がいいと感じた。
交渉は、はじめは、「え、個人ですか?」という対応。(あとで聞いたが、自分みたいに個人で建てようとする人は1年に1ケースくらいみたい。)とにかく、こちらのやりたいことをざっと話してみた。材木持ち込みくらいまでは対応してくれそうだったが、ログ材の加工は無理ということ。刃があれば加工はできそうだが、そんなものはうちにはないということ。かわりに2X4方式?で建てるなら、製材されたものを持ち込めば、1坪1万で加工してくれるということだった。これには、土台等の構造材までで、野地板等の羽柄材は要交渉という感じでした。また、製材されたものを削ってくれるので、表面の加工も行っていただけるとのこと。あと、運搬費は同じくらい費用が掛かるんじゃないかということ。(しかし、あとでネットを見てみると坪7,8千円が相場らしい。。。)
とにかく、製材所で予め製材しておかないとダメ。乾燥も普通は加工前にされていなければならないが、要望であればしなくても加工してくれそうだった。
原木から製材所で加工した場合、おそらく、かなり費用はかかるんじゃないかということだった。その後乾燥になるが、そこら辺は製材所で聞いてみる方がいいということ。
業者さんも一応紹介してもらうが、やはり普通のプレカット工場だと難しいと判断し、ここで断念。

 

何も知らないから聞けたことですが、今思えば、我ながら結構無理なことを聞いたなぁと思ってしまいます。

スポンサーリンク

data-full-width-responsive="true">

コメント欄

メールアドレスが公開されることはありません。